ドメインの登録が保留中です。1 時間後に再度ご確認ください

ねじや 波多野製作所https://nejihatano.bsj.jp/ 

綾部市の金属製品製造販売業者【工業ねじ製造会社】
明日は7:30に開店
サイトのヘッダー画像です

最新情報

補強拡張完成。強度を上げながら設置スペースを広く取りました。工事して頂いた鉄工所様有難うございました。

工場内補強工事中です。古い建物で機械設置のスペースをそのまま確保するのは、結構無理があります。工場の補強をしながら支柱の位置を変えたり、門型で間を抜いたりといろいろと工夫しています。どうせやるなら新しい建屋にしたら?というご意見もありますが、そこは無理なく低重心で。

京BizXの「ビジタネ」というコーナーに取り上げて頂きました。ちょっと前の画像ですみませんが。

工場の内部改修の様子です。建て直しをするほどのお金は残念ながらありません。そこで、補強しながら内部の改修を少しずつ行っています。操業しながらの改修をすることで、コスト削減とキャッシュフロー対策を行っています。特に物流改善をするために床面改修は欠かせません。

巷では「働き方改革」が取りざたされることが多くなっております。
足元だけの写真なので、少しわかりにくいですが、1箱15kgのポリ箱を一度に5箱運んでいる姿です。うちには70歳以上のパートさんが6名現役で活躍して頂いています。
こういったキャスターパレットのような「物流改善」の積み重ねで、これからも70代、80代の皆さんが長く勤めて頂けるように、こつこつとやっていきます。まだまだ現役で宜しくお願い致します。

製品を段取りする前に、前の製品が残っていないか、丁寧に確認しています。
目視、触診、場合によってはファイバースコープなんかも使います。歯医者さんが使う鏡なんかも使ってます。死角が見つかれば、それをなくす改善も行いながら、確認精度を上げていっています。
でもなんといっても、1本でも見逃さない心得を持つことが大切。「気概」ある仕事をするためには、ものづくりの前にひとづくりです。

完成したホヤホヤのめっき前のねじの出来栄えを確認しています。目視だけでなく五感を使って良いものが出来ているかを見極めます。
 いつもと違う,製品の熱さでないか、機械からのいつもと違う音がでていないか、音や触覚などなど。生産は機械がしますが、それを使いこなすのは人。 毎日の仕事のひとつひとつの積み重ねが次の技術の礎になるのです。

わが社は山あいにある小さい会社ですが、小さな改善を少しずつ継続していく風土を培ってまいりました。
それをまとめた報告書を提出・ヒアリングを経て、知的財産経営企業(京都府では知恵の経営といいます)認証を受け、改めて、「大きな改善をするのでなく、日常の小さな困りごとを解決するつみ重ねが大切」だと気付かされました。


HPも。 https://nejihatano.bsj.jp/

https://nejihatano.bsj.jp/ もご覧ください。波多野製作所の取り組みが詳しく記載されています。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 0773-46-0019

住所

ルートを検索
日本
〒629-1263 京都府綾部市
鷹栖町東田仲14

営業時間

月:7時30分~16時30分
火:7時30分~16時30分
水:7時30分~16時30分
木:7時30分~16時30分
金:7時30分~16時30分
土:定休日
日:定休日
見積もりを表示
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。